発見! アシブトクチバ

 チョウとガは同じグループに含まれますが、日本国内で見られるチョウの種類が250種であるのに比べ、ガの種類は4500種ともいわれ、その大きさも形態も非常に多種多様です。
初めて目にする種類でもチョウの場合は検索にさほど苦労はしませんが、ガの検索となると、優秀な図鑑はとても手の届く範囲にはなく、専門のサイトの閲覧となるわけですが、未知の種類を端から端まで探すとなると、かなりの労力ですし、色、模様の似通ったものも少なくありません。



これは先日の観察会の途中で撮影したものですが、かなり斬新な形で休息しています。多種多様なガの場合、地味な色、形の種類なら、あまり関わらないようにはしているのですが、最新鋭の戦闘機にも似たこの種類は私の心に留まりました。
小さなポケット図鑑で、どのグループに属しているのかは直ぐに判りましたが、その先が大変でした。ようやく辿りついたのがアシブトクチバ(これにも数種類あるらしいです)ヤガ科、シタバ亜科、大きさ5cm前後、幼虫の食草はミソハギ科、トウダイグサ科等・・・・・・せっかく調べてもまたすぐに忘れてしまうんでしょうけど・・・・・

2015年6月6日 横浜市 旭区
横浜市 西区 柳場 稔